ホーム > NETIS登録情報

NETIS登録情報

ジオダブルサンド工法 NETIS登録

NETISとは

NETISとは

NETIS(New Technology Infomation System:新技術情報提供システム)とは、 民間企業などで開発された有用な新技術を公共工事等に積極的に活用していくため、 新技術に関わる情報の共有および提供を目的として、検索を可能にした 国土交通省が運用しているデータベースです。

NETIS利用のメリットについて

公共工事等においてNETIS に登録された新技術を活用する事により、コストの縮減や工期の短縮が期待でき、技術評価 点および工事成績評定点の向上が見込めます。

関連リンク

新技術活用システム NETIS(New Technology Information System)

NETIS登録情報

浅層噴砂抑制工法(ジオダブルサンド工法)

防水シートと透水管を施工することで液状化による過剰間隙水圧を抑制し、道路等の二次的被害を抑制する工法。 地中に杭を打設する必要性が無くなり、コスト削減及び工期の短縮が図れることが新規性として認められました。


NETIS登録番号 TH-140007-A登録内容をご覧いただけます。
技術名称 浅層噴砂抑制工法(ジオダブルサンド工法)
取得年月日 2014年11月26日
技術概要 防水シートと透水管を施工することで液状化による過剰間隙水圧を抑制し、道路等の二次的被害を抑制する工法。 杭打機などの3点式重機が必要無くなりコスト削減及び工期の短縮が図れます。
ページトップへ